プールの中心で寒いと叫ぶ

・・・

さよなら牧野

3月31日、牧野での4年間の勤務が全て終了になりました。

社員になって1年目を星田で修行し、2年目になって少し仕事を覚えた時にやってきた牧野、この4年間、本当に多くのことを学び、経験した施設となりました。


牧野での最初の仕事は、施設のオープニングの手伝いでした。

何もわからず、とにかく大林常務と山本部長に指示を受けながら、毎日必死でした。

フロントを覚えて約半年、書類を作ることもうまくできず、時間ばかりが過ぎていきました。
今思い返してもかなり無茶をして、フィットネスの入会受付開始前日に受付研修を行ったり、スイミングの受付は、当日の朝にはじめて研修したり・・・。


新型インフルエンザがはやっていた時期だったため、受付初日に来た人はわずか十数名・・・。
入会に大行列ができることを予想していたため、かなり肩透かしをくらったのを覚えています。
そういえば、信吾くんの父ちゃんが入会受付の日を間違えて、その前日くらいに来てくれました。
受付日が違うので手続きできなかったのですが、入会に来てくれたのがうれしくてうれしくて・・・。


スイミングのバスルートを確認するため大林常務の車の助手席に乗せてもらって走っていると、車高が低いこと、日頃の疲れなどが重なって、車酔いをして、ぐでんぐでんで帰ってきたこともありました。
しかし、そんな日に限って入会受付が殺到し、顔色の悪いまま受付をしました。


頑張ってこれたのは、やはり育成コースで頑張りたかったから。




その年の夏、私の戦場は牧野の受付事務所でした。

きっと入会してくれている子どもの中に、競泳に興味があって、将来オリンピックで金メダルを取る子が隠れているはず。
そう思って、入会申込書をめくり、アンケートの所に『オリンピックで金メダル』と書かれていないか、何度もチェックしました。
何人か書いていましたよ。
その度にニヤっとしました。

入会受付の時、お母さんの隣でコソコソしている2年生くらいの子。
こっちが手をふると、うふふふふ~という感じで笑いながら手をふってくるかわいらしい子でした。
その子は、後ほど育成コースに入り、今もがんばっています。


夏の間、入会受付をしていましたが、プールに入っていないことで、私の体はもう限界に。夏休みの最後に休みをもらえたので、ジュニアオリンピックを見に行きました。

そこで目にしたのは、石田コーチの教える伊藤由佳ちゃんがJO優勝、そして山下コーチの教えるB男リレーが大会新記録で優勝と、ライバルコーチたちが熱い夏を戦っている姿でした。


かつての教え子が立派に成長した姿、そして、ライバルコーチたちの本当にうれしそうな顔。

JOという大舞台で、しかも決勝に残り、さらに・・・。


教え子たちの成長に感動するとともに、石田コーチ・山下コーチをうらやましく思いました。

自分もいつか・・・。

その思いを伝え、オープンと同時に育成コースをスタートさせていただきました。



牧野の育成コースの立ち上げは9月でした。

当初は、週3回練習で朝練はなし。

試合用水着もキャップもジャージもTシャツも、それどころか練習用水着もなし。

今まで当たり前のようにあったものがそこにはなく、本当に一からのスタートでした。

当時はあれもほしい、これもほしい・・・、道具や練習時間さえあれば・・・という気持ちが大きく、うまくいかないことが多くありました。

自分は枚方時代、担当コーチ1年目でジュニアオリンピック選手を出し、自分のやり方は正しいはずだ。
そう思っていた部分があり、最初は色んな壁にぶち当たりました。

自分のやり方が正しいと思っているうちは、自分の枠の内のレベルにしか選手を成長させることはできない。
それを超えていく、コーチ自身が、自分自身を変えていくことが大切というのが、今になってやっとわかってきました。

競泳大会で選手を勧誘し、朝練をスタートさせ、チーム用品を少しずつそろえていき・・・、一歩一歩進んでいきました。

そして、スタートから3年が経ったところで、ついに1人目のジュニアオリンピック選手を出すことができました。
他校は2年ちょっとでJO選手を輩出していたので、ペースは少し遅めでした。
ですが、ジュニアオリンピック選手を輩出することができた、その喜びでいっぱいでした。

私は炭酸が大好きなのですが、それまでの数ヶ月間、炭酸を封印していました。
JO突破後のコーラのおいしさは・・・最高でした(笑


この頃、自分の指導でちょっと納得いかないところがあることに気付きました。

その年の10月のチャレンジカップ、年齢の低いメンバーは結構適当なメニュー(ゴメン)、そして年齢の高いメンバーは結構いろいろ考えたメニューでした。
そして、その試合の結果は、年齢の低いメンバーのスーパーベストばかりで終わりました。

あれれれれ?

JO選手まで出して、指導にも自信がついてきたところだったのに、この結果は何?
どうして?

疑問の答えは、その後にわかりました。


年末、太田コーチのご好意でナショナル合宿に参加させていただきました。
日本の中高生のトップクラスが集う合宿、本来なら私が参加できるレベルではないのですが、経験を積ませていただきました。
毎日色んなコーチに質問し、本当に充実した10日間でした。
そして、屈強なコーチたちの考え方に触れていくうちに、以前の自分の疑問点が、解決するのではないかと思い始めました。


大事なのは練習メニューではなかったのじゃないか?

JO選手を出せたのは、練習メニューがどうかではない、その取り組み方が大切。

そして、取り組み方を作るのは、コーチと選手の信頼の部分じゃないのか?

じゃあ、どうすれば信頼の部分を築いていけるのか・・・。

漠然と、そういう答えが頭の中に浮かび上がりました。



と言っても、あまりコミュニケーションが得意ではないので、そこからが試行錯誤でした。

自分のメニューをガラリと変え、練習で頑張っているかどうかをタイムで判断せず、
やる気がどうかをよく見るようにしてみました。

いつもよりも全然泳いでいない、この練習で本当に大丈夫なのか?
そう思って、不安になる日も少なくありませんでした。

選手たちには不安そうには見せませんでしたが、試合で結果が出なければ全てコーチのせい。
毎日試行錯誤しながら、前進できるかどうかを考える毎日でした。


ホント、私は選手に恵まれていました。

数ヶ月後にリレーでも突破、個人出場者も2名に増え、牧野はじめてのJOには4名で挑みました。
そして、JOではメドレーリレーで5位入賞。

2014-03-31tt
この時の4人の写真は、今も私のスマホの壁紙になっています。
奥さんには、壁紙が私じゃないんだとよく言われますが・・・。


そこから1年が経ち、今年はJO出場者が枚方時代と同じ8名になりました。

最後は転勤のため、朝練しか見れない日々が続きましたが、

莉奈ちゃんが自由形・バタフライで5位・6位入賞、真由佳ちゃんが平泳ぎで優勝と、この4年間の育成コースを、一定の成果を出して終えることができました。

もちろん、もっともっとという気持ちはありますが、それは全てたらればの話。

現時点で、できる事を精一杯やった成果でした。




今はもう香里で働いています。

毎日机に向かって書類を作ったり、業者と連絡を取り合う日々です。

けれどこれは、次へのステップアップのための土台作り。

7月のオープンに向けて全力で突っ走ります。



そしてオープン後は、まずは本科コースからの選抜。

そしてチームを作り・・・。



きっとその新しいチームで、牧野時代に枚方や星田の選手のことを話したように、香里では牧野の選手のことを話していくと思います。

教えてきた選手は、レベルの差もあり、それぞれ得意なことも違い、練習の強さやフォームも違い・・・、でも全員に共通しているのは、みんな素晴らしい選手であり、今はもちろんこれからも、私の誇りであるということです。

いつまでも、私が香里で自慢したくなるような選手でいてほしい。

これからのみんなの成長を楽しみにしています。

いつか、お互いが日本代表になった時に、もう一度一緒に頂点を目指していきましょう。


2010年度

2014-04-14r
5月の第1回オール木幸スイムミート。前の方を歩いているのは・・・。

2014-04-14i
牧野はじめての夏合宿、美希ちゃんは育成入りたてで、まだみんなと話すのがちょっと不安という感じでした。

2014-04-14j
陽介くんと冬馬くん、めっちゃ小さい。

2014-04-14k
この合宿では1回だけ泣いたの覚えているかな?隣は一花ちゃん。

2014-04-14l
3年生の緋奈乃ちゃん、ノリノリですね。

2014-04-14m
合宿の後のワニプールの大会。みんなしっかり焼けています。

2014-04-14n
悠子さんに入ってもらっての特別レッスン。

2014-04-14o
交野の大会にも出場しました。

2014-04-14q
幹太くんが2年生自由形で優勝、そして最優秀選手賞獲得!!
これはうれしかった。

2014-04-14p
この年の競泳大会で、幹太くん、美玖ちゃん、真由佳ちゃん、莉奈ちゃんの4人が育成コースへ。



2014-04-14s
育成選手版のオール木幸。

2014-04-14t
新メンバーが増えたので、少しずつリレーなども出れるようになってきました。

2011年度


2014-04-14u
毎年お馴染みの玉野。

2014-04-14v
近くの殿ニ小学校でエキシビジョンレースに出場。この時はまだまだ体が細い!!

2014-04-14w
この年の枚方選手権は、天候が悪くて大変でした。

2014-04-14x
試合用水着を着始めてまだ間もないころ、うれしすぎてどんな試合も試合用水着。

2014-04-14y
ちなみに、こんな試合でした。







2014-04-15a
チャレンジカップ、ここで初めて混合リレーで2位になりました。

2014-04-15b
Aグループ女子リレーメンバー、みんな小さい。

2014-04-15c
Aグループ男子リレーメンバー、今のJOメンバーです。

2014-04-14d
2012年2月の東大阪AB級かな。真由佳ちゃんがやけに小さい(笑

2014-04-14b
育成に入った1年生メンバーがはじめて4人そろった日。
奈優ちゃん、侑芽子ちゃんは最初は朝練なんて・・・だったのに、今や皆勤賞。よくがんばりましたね。


2014-04-14c
かなりメンバーも増えてきました。


2012年度

2014-04-14e
奈優ちゃん、侑芽子ちゃん、紅ちゃん、優樹くん、亮汰くんが入ってはじめての合宿。
みんなパパママはめっちゃ心配していました(笑


2013年度

2014-04-14f
アカデミアホテルの隣の福井工業大学。カッコイイ!!

2014-04-14a
3月の個人メドレー大会、この頃はいっぱい泣いたな~・・・。

2012年度・13年度は、そのうちゆっくりと・・・。

2014年04月25日 トラックバック(-) コメント(5)

久々

JOの続き・・・。

女子フリーリレー
1泳 莉奈ちゃん 29秒32
2泳 真由佳ちゃん 30秒89
3泳 紅ちゃん 32秒99
4泳 侑芽子ちゃん 32秒36
トータル 2分05秒56 20位

男子フリーリレー
1泳 聡介くん 30秒14
2泳 奏之介くん 30秒17
3泳 陵哉くん 31秒00
4泳 侑希くん 32秒14
トータル 2分03秒45 15位

男女ともよく頑張って決勝を目指しましたが、残念ながら決勝進出ならず。
ただ、聡介くんがJOまであと0.1秒に迫り、侑芽子ちゃん、侑希くんが32秒前半で泳いだりと、手ごたえはありました。


そして決勝レース。

50m自由形の莉奈ちゃん。

2位残りだったので、思いっきりセンターコース。
前半はほぼ全員が一直線の接戦。
積極的なレースで、予選で出したタイムをさらに0.01秒上回りました。
結果は28秒97の5位。

優勝との差は0.5秒、メダルまでわずか0.1秒のレースでした。


そして50mバタフライ。
バタフライも予選より0.1秒タイムを上げました。
結果は30秒53の6位。

2014-04-13c

2014-04-13a
ジュニアオリンピック2種目入賞おめでとう!!

初日のレース終了でした。

目標にしていたメダルには届きませんでしたが、全国で一番速い選手と隣で泳ぎ、そして戦えたという経験は非常に大きく残っていくと思います。



2日目、Bグループのメンバーはこの日で全て終了です。

昨年は新潟で、しかも4日間だったので、それを考えると短くて経済的(笑)でした。

2日目は50m背泳ぎからスタート。

莉奈ちゃん、ベストを0.9秒も一気に更新し、32秒78、惜しくも9位でした。

陵哉くん、34秒73、ベストには届きませんでしたが、JOの雰囲気を感じ取ることはできたと思います。

奏之介くん、35秒17、同じくベストには届きませんでしたが、個人で3種目JOで泳いだ経験は、きっと次につながります。



50m平泳ぎ、真由佳ちゃん、35秒66で2位通過。
1日目が不調だっただけに心配でしたが、何とか持ち直してくれました。


メドレーリレー

Ba 莉奈ちゃん 33秒27
Br 真由佳ちゃん 35秒69
Fly 紅ちゃん 33秒76
Fr 侑芽子ちゃん 33秒11
トータル 2分15秒83 9位

Ba 陵哉くん 35秒01
Br 侑希くん 38秒05
Fly 奏之介くん 32秒12
Fr 聡介くん 30秒20
トータル 2分15秒38 9位

男女とも、まさかの9位でした。

楽しい時に人は成長しいきますが、こういう悔しい経験も、きっと次への糧になっていくと思います。



そして決勝レース。

真由佳ちゃん50m平泳ぎ。

レースは前半からグイグイ飛ばしていき、最初の25mで体半分のリード。
後半は追い上げられ、非常にきわどいレース(笑)

結果は、35秒32、優勝!!

2014-04-13b
ジュニアオリンピック優勝おめでとう!!

そして、全国2位以内に入ったので、4月末に開催される小学生エリート合宿への参加が決定しました。

おめでとう!!



今回のジュニアオリンピック、私の転勤の関係で十分に1人1人をチェックできず、また当日も行けなかったことは、選手たちに大きな負担だったと思います。

ただ、結果的にはそれを乗り越えられた部分もあり、この1~2ヶ月で大きく成長していったところもあると思います。



春のジュニアオリンピックが終わると、すぐに夏への戦いが始まります。

みんな、がんばっていこう!!

2014年04月14日 トラックバック(-) コメント(0)