FC2ブログ

惜しい! プールの中心で寒いと叫ぶ

惜しい!のページです。

惜しい!

枚方の千尋ちゃん、あと0.03秒でメダルでした・・・。

ほんのちょっと、一瞬の差。

前半のタイムを見ると、相当勢いよく突っ込んだ様子。

勝負には負けたけど、次につながるレースができたのではないかと、勝手に予想します。

山下コーチ、頑張れ~!!



さて、牧野の育成は合宿から帰ってきてよくわからない状態です。

信吾がベストを4秒近く伸ばした・・・と思ったら、次の日の学校の大会でガクンと落としたり、

冴子が合宿で背泳ぎをたくさんやっていたのに、帰ってきたら平泳ぎに目覚めたり、

千晴が練習時のタイムを7秒くらい一気に上げてきたと思ったら、次の日には3秒くらい元に戻っていたり、

陽介がじわじわと上がってきたと感じていた矢先、耳が・・・・・・みたいな感じです。

全体的には実力が上がってきているので良しとします。



さて、私が今育成コースのメンバーに必要だと感じていることが水泳以外にあります。

それは、国語と算数です。

国語に関しては、合宿日誌を読んでいるうちに、子どもたちの国語力が大変危険であると感じました。

感想を読んでいる分には、子どもの意見や思考が感じられ、また時にはツッコミが入って楽しいのですが、指導者目線から見ると、このままでいいのか?となってしまいます。

声を出して本を読むクセをつけるようにして下さい。

お母様方の悩みは一気に解決します。



算数に関しての危機感はこんなエピソードからです。

本科コース終了後、進級テストの終わった子どもたちが自動販売機でアイスを買いにきました。

そこで、お母さんが子どもに質問。

「500円で120円のアイスを買ったらおつりはいくら? わかったら買ってあげる。」

ってな会話をしていたので、試しに鷹丸と緋奈乃に質問してみました。

鷹丸「・・・・・・。」

緋奈乃「・・・・・・。」

おぃおぃ!!


計算に関しては、数の分解と合成が小3どころか小4でも完璧にできていない子どもが多いようです。

7は2と○  ○は何? というような問題を繰り返して即答できるようにしておくことで、計算の基礎は十分身につきます。

時計を教える前に、この辺からやっていかなければと感じました。



さて、明日は50m8本のデータ取り。

前回41秒、今回39秒、何秒上がったの?

「・・・・・・。」

なんてことにならないように、何秒速くなったのかをきっちり実感してもらいたいと思います。

2010年08月26日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する