東大阪AB級 プールの中心で寒いと叫ぶ

東大阪AB級のページです。

東大阪AB級

昨日は東大阪AB級大会でした。

公認大会、ここしかJO突破のチャンスはない!!

背水の陣で挑んだ大会でしたが、そんなに簡単にJO突破ができるはずもなく、"JO突破"という視点から見れば撃沈でした。

しかし、個人では練習通りの力を発揮できるようになってきたと思います。

2011-02-11a
出発時、かなり雪が降っていて、着いたときには寒くて凍えていました。

一発目のレースはB男200mメドレーリレー。

3年前、私が枚方B担当だったときにB男がリレーでJO突破したのもこの大会、縁起のいい会場です。

期待していたのですが・・・・・・撃沈。

全然体が動いていませんでした。

はぁ、やっぱり試合だとダメなのかな・・・。





最初はそう思いましたが、100mに出場した冬馬と岳がいやな雰囲気を吹き飛ばしてくれました。

2人とも50mのベストよりも速いタイムで前半を折り返し、そのまま大ベストをたたき出しました。


この2人の活躍で呪縛がとけたのか、午後の自由形では全員ベストでした!!

美希は、ターン失敗して2秒くらい損したけれどベスト。
緋奈乃はくにゃくにゃした泳ぎだったけれどベスト。
千晴はテンポがやけにゆっくりだったけれどベスト。
愛実は呼吸のたびに遅くなるって注意していたのに呼吸をしまくったけれどベスト。
智香は10日前より3秒くらい速く泳いでベスト。

う~ん、高槻パワーに助けられました。

2011-02-11b
枚方の山下ブロックはいっぱいJO突破。
しゅういちろう、おめでとう!!

2011-02-11d
こういうリラックスできる雰囲気作りも大切ですね。
顔をかくしている信吾は、レースでまさかのソフトタッチ・・・。
あれがなければバタフライ35秒台に突入していたのに(怒

2011-02-11e
B女リレーメンバー。
次の7月の公認大会には、B女リレーも出場します。

2011-02-11f
競泳コーチ志望の2人。
牧野へおいで(笑



そして、密かにJO突破を目指していたB男の平泳ぎ。

勇音・陽介・信吾の3人衆。

みんな42秒台は出ましたが、まだまだ・・・。

もっと泳ぎを良くしていって、次の試合ではさらなる飛躍を期待します。

鷹丸も47秒から、一気にこの3人を喰うくらいでよろしく!



最後のフリーリレー、その前にあった女子200mリレーで星田チームが大活躍したりして会場の雰囲気が温まっていたので、いい環境でレースをすることができました。

まぁ、審判の笛が鳴ったときに、まだコースにたどり着いていなかった陽介がテンパったのは間違いないですが。

1月 チャレンジカップ  2分47秒
5月 オール木幸     2分34秒
5月 東大阪AB級    2分32秒
8月 チャレンジカップ  2分30秒
9月 枚方選手権     2分30秒
10月 交野選手権    2分28秒
10月 チャレンジカップ 2分24秒
1月 チャレンジカップ  2分21秒
2月 東大阪AB級    2分17秒

昨年のチャレンジカップから1年1か月で30秒アップ、よく頑張ったじゃないか!!

惜しむべきは、このタイムをもう数か月早くに出すことができていれば、リレーでのJO突破も狙えたということ。

もっと早くから朝練が・・・、みんなにレース用水着があれば・・・、たくさんの試合に出て経験を積むことができていれば・・・、たらればばかりですが、最適な環境を整えることができなかったのも私の力のなさが責任です。

子どもたちは練習を一生懸命がんばっているので、どうにかしたかった・・・。

この悔しさをバネに、私自身がさらに努力をしていこうと思います。


2011-02-11g
試合の疲れもあるだろうに、みんな次の日から頑張っていました。

この熱い気持ちがあれば絶対に速くなる!!



2011-02-11c
コロンブスのたまごに挑戦。

コロンブスのたまごの話は知っていますか?

知らない子は、お父さん・お母さんに聞いてね。



『人がやったことは、できる。』

『はじめてやることが大変だけど、それだけ価値のあること。』




牧野でJOに行ったことのある人はいません。

けれど、誰か1人行くことができれば、『JOに行ける!』ということがハッキリします。



じゃぁ、誰が最初の1人になるのか?



その1人目を目指して、みんな頑張ってほしいです。

2011年02月12日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する