FC2ブログ

勉強 プールの中心で寒いと叫ぶ

勉強のページです。

勉強

中学生の中間テストが終わったようです。

もう一つの意味で終わった子はいなかったようなので一安心。



塾通いの子もいますが、水泳をやりながら塾をどうするかというのは課題の一つだと思います。

私個人の意見では、あまり塾は好きではありません。

塾なんて行かなくてもどうにかなります。



テストで点を取るコツは色々で、それは塾の先生が教えてくれたり、時には学校でも授業中にどこが出るか教えてくれたりします。

けれど、それはあくまでテクニックの話。

それよりも、勉強する習慣を身に着けた方が、自分のためになり、かつテストでは高得点が期待できます。


勉強の習慣としては、

①早寝早起き型の勉強を心がけること
 記憶は寝ている間に整理されるので、夜遅くまで起きて睡眠時間を削っても効果は薄い。
 (つまり、一夜漬けはホントに一夜しか持ちません)

②予習・授業・復習のプロセスを辿ること
 授業の前に自分でテキストを見て、自分なりに考えておくこと。
 授業自体が復習の効果を持ち、さらに復習をすることで自分のものになる。

③勉強を楽しむ
 なぜ?と考えて、知識を得る事や計算して解を導く事が面白いと思えれば、完璧でしょう。

この3つをちゃんとやれば、後は何もしなくても勉強ができるようになるでしょう。



そして、塾に行かなくてよくなった時間を利用して、水泳をがんばる。

これで、勉強の成績も上がり、水泳の記録も伸びて、いい事だらけになります。



まぁ、塾に関しては賛否両論だと思います。

私の考える塾のメリットは、
①効率良く勉強のポイントを教えてくれる
②授業が面白い(適度に難しい問題を出してくれるし、教え方が適切)
③周りが勉強する雰囲気なので、勉強しやすい

デメリットは、
①点を取ること自体が勉強になってしまう
②中学レベルなど、小さな範囲で完成されてしまう(その時のテストで満点を目指しても、器が小さい)
③水泳をやる時間が減る


以上のことを踏まえた上で意見すると、

水泳で養ってきた朝早く起きる習慣や、練習をがんばる精神力・集中力を、

勉強の習慣作りに活かしていって、

なるべく多くの時間を、自分の体作りに使ってほしいです。


1日何時間も学校で授業を受けて、そのあとまた塾へ行くのは・・・・・・、ホントにそんなに集中して勉強できるのか?

何時間も授業を受けた後は、プールで気持ち良く泳ごう!!



どうしてもやりたいことができた時に、自分で学ぶ力をつけていくための学びが本当の勉強だと思います。



さて、牧野育成コースも2年が経ち、JOが恋しくなってきました。

どうしてもJO選手を出したい、よし、勉強だ!!

2011年10月20日 トラックバック(-) コメント(3)

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年10月21日 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年10月21日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2012年01月04日 編集












管理者にだけ公開する