JO最終予選 プールの中心で寒いと叫ぶ

JO最終予選のページです。

JO最終予選

昨日は長吉でJO最終予選でした。

今回は大阪と山口の2箇所で勝負でした。

新年フェスティバルからずっと続いてきた試合の最後、連戦のためかベスト率を上げることが難しく、昨日の大会では50%でした。

JO最終予選ですので、全員JO突破を目指して頑張りましたが、コーチの力及ばず・・・。

もっとこうやっていれば、ああやっていれば・・・という、たらればの気持ちがどうしても出てしまいました。

やるべき事は全てやった。もうやり残したことはない!!と言えるくらい、コーチはがんばっていく姿勢が必要です。

2014-02-24a
みんながベスト更新に苦しむ中、何故か絶好調の奏之介くん。
200IM 2分39秒30 3秒ベスト
50Fr 30秒91 0.3秒ベスト
50Br 40秒22 0.7秒ベスト

2014-02-24b
美玖ちゃんは緊張がかなりありましたが、
50Ba 32秒52 0.2秒ベスト更新でした。
前半を15秒6で入ったので、行けるかな?と思いましたが、惜しくもJOには届きませんでした。
ここ1ヶ月で急にバサロが速くなってきたので、それを活かす練習時間が足りなかったのが悔やまれます。

真由佳ちゃんは50Frでは惜しくもJO突破ならず。
50Flyは一気に1秒ベストを更新し、31秒03でした。
昨年のJO5位相当の好タイム。
莉奈ちゃんとの勝負が楽しみです。

2014-02-24c
昨日はBから緋奈乃ちゃんと良子ちゃんが出場。
応援も積極的に行ってくれて、チームもいい雰囲気でした。
レースの結果は・・・・・・・。

2014-02-24d
昨日も大活躍、スーパーアシスタントの里奈ちゃん。
ラップ表記入にビデオ撮影にアップの指示と、スーパーコーチぶりを発揮していました。

侑芽子ちゃんは50Frで0秒5ベスト更新。
紅ちゃんも50Flyで1秒ベスト更新と、女子リレーメンバーは順調な仕上がり。

莉奈ちゃんは・・・・・・今は無理せず、体を良くすることを最優先に。


男子メンバーは複雑な結果でした。
JOを突破したいという気持ちはものすごく伝わってきましたが、
空回りというわけではなく、気持ちが入りすぎていた感じで余裕がありませんでした。
コーチがそれをもっと敏感に感じ取り、気持ちがうまく乗るように持っていけると良かったのですが・・・。
幹太くんが2分22秒76のベストで泳ぎ、JO最終予選は終了しました。


2014-02-24h
山口では帆乃佳ちゃん、亮汰くんがチャレンジレースに出場するところまでがんばりましたが、惜しくもJO突破はならず。
美希ちゃんは前日のアップの動きは悪くなかったようですが、少し気持ちが入りすぎ、力んでいたようでした。
遠い山口まで行って高速プールでの試合でしたので、本人も行けるかもという予感はあったと思います。
JO突破はできず本人は残念でしょうが、遠い地まで行って全力でがんばったことをほめてあげたいと思います。


スイマーの多くがJO突破を目標に練習を積んできていると思います。

突破できれば当然うれしいです。
感涙極まって、泣いてしまうことも多々あります。

逆に、突破できなくて、悔しくて悔しくて泣いてしまうことも多々あります。

どちらの時も、コーチは選手と思いを共感しつつ、同時に次に何をするかを考え出します。

ただやはり、後者の時は選手に対して申し訳ない気持ちが生まれます。
一生懸命がんばった選手、じゃあJO突破できなかった原因はどこにある?
コーチの伝える技術・戦略のレベルがまだまだ低かったということでしかありません。



いつか、全選手が喜びでJO予選を終えられるよう、指導に研鑽を重ねていきます。



2014-02-24f
頑張って・・・

2014-02-24g
いくぞ~!!

2014年02月24日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する