競泳大会 プールの中心で寒いと叫ぶ

競泳大会のページです。

競泳大会

今日電話がかかってきました。

あの浅野コーチがアメリカに旅立つとのことです。

さらにスケールが大きくなって帰ってくることでしょう。

もちろん英語ペラペラになって・・・。

日本に帰ってきたら話聞かせて下さい!!
枚方時代、夜遅くまで残って仕事してた頃の話とかで飲みましょう!



浅野コーチと言えば、競泳大会の宣伝がうまかった・・・。

枚方スイミングスクールでは、毎年11月23日が競泳大会の日なのですが、それを子どもに覚えてもらうために「1・1・2・3競泳大会!!」という掛け声をつくり、それをどんどん広めてました。

あの掛け声はとても覚えやすく、大会にはすごい人数の子どもが集まりました。



今日で星田競泳大会参加者も150名近くになりました。

事務所にずっといるので保護者の方と話す機会も増えました。

申込をされる保護者の方に話を聞いてみると、「迷っていたけれどコーチが勧めるから・・・」という具合に、コーチの言葉が重要なウェイトを占めていると感じました。

競泳大会と言っても、参加したことのない子どもにとっては何がおもしろいのかわかりません。

なので、コーチができるだけ大会の魅力を話すこと、子どもを勇気付けることが大切だと思います。

そりゃ、中には競泳が嫌いという子もいると思います。

けれど、そんな子にも悠子ちゃんの泳ぎを見たり、自分のタイムに挑戦したりして楽しんでほしいです。

競泳大会まであと18日。

2008年11月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する