プールの中心で寒いと叫ぶ

・・・

お留守番

嫁が火曜日・水曜日に鳥取へ施設見学へ。

なので2日間、律栞とお留守番です。

2017-10-24c 

2017-10-24b 
 
2017-10-24d 
体操選手にでもなるのか?


2017-10-24a 
日曜日は台風で、枚スイのイベントが中止に・・・。
かわいい服でおでかけ楽しみにしていたようで、残念そうな顔をしていました。

2017-10-24e 
プール大好き娘。

2017年10月24日 トラックバック(-) コメント(0)

紀州合同記録会

日曜日は秋葉山で開催された紀州合同記録会に出場してきました。

レースは最初の50m種目は良かったのですが、練習を積んできたつもりの100m種目は思うような結果が出ず・・・。

片平ブロックの健心君が50m平泳ぎでJO突破、自由形もあとちょっとの所までいきましたね。


2017-10-17a 
レース後、次の試合に向かってのミーティング。
今回の試合で感じた事を、練習で改善していけるように。

2017-10-17b 
施設に戻ると、雨が降っていたので、律栞が迎えに来てくれました。
遊んでもらえる日に1日ほったらかしだったので、寝るまでいっぱい遊びます。


2017年10月18日 トラックバック(-) コメント(0)

運動会

10月8日(日)、律栞の運動会でした。

本当は7日(土)の予定でしたが、雨で日曜日に。

土曜日だと見に行けなかったのですが、日曜日になったおかげで、運良く見に行くことができました。

娘の人生最初の運動会。

2017-10-11a 
入場の途中で私たちを見つけてしまい、そこで急に泣き出し、テンション下がりまくり・・・。
それでも、巧技台からしっかりジャンプし、走って先生の所まで行き、がんばっていました。
とても大変だろうに、1歳児に色々な事を教え、運動会で披露するまでにしてくれた保育園の先生方には本当に感謝です。

2017-10-11b 
先生からもらった人生初の自分のメダル。
とても気に入ったようで、ずっとさわって遊んでいました。


さぁ、今週日曜日は秋葉山で紀州合同記録会です。

体のキレが出てきて、なかなかいい感じになってきています。

2017年10月11日 トラックバック(-) コメント(0)

運動会

今日は律栞の運動会・・・の予定でしたが、雨で延期に。



今日を楽しみにしていた方には申し訳ありませんが、1日延期になったおかげで、明日は運動会を見に行けそうです。

思い出せば、娘は保育園の行事にあまり参加できていませんでした。

4月に1週間保育園に行き、そこで病気をもらってきて入院。
最初の集合写真で右上に掲載されるという面白い状態に。

8月の夏祭りは、人生2回目の入院。
楽しみにしていたのに病院のベッドの上で過ごしました。

さて今回の運動会、数日前から熱で早退などがありましたが、大丈夫なのか・・・。
家でジャンプの練習をしたりしていたので、何とか明日、元気に参加してほしいです。

2017年10月07日 トラックバック(-) コメント(0)

せとうちオープンウォーター

10月1日、玉野の渋川海岸で開催されたせとうちオープンウォーターに出場してきました。

前日から天気は快晴で、当日も水温27度、風が少し涼しいですが、海で遊べるようなコンディションでした。

2017-10-02a 
いつもの試合と違い、解放感あふれる雰囲気。

2017-10-02b 
テントを張って、休憩場所を確保。

2017-10-02c 
開会式ではアナウンスの方が枚方チームを盛り上げてくれたりと、運営の方々がとても親切にしてくれました。

2017-10-02d 
レース前、これから泳ぎますが、みんなワクワクしています。
レースの前はピリピリしているものですが、ワクワク感があるのも海の魅力ですね。

レースは最初のスタート位置も重要で、ある程度前にいないとスタート時に周りの人と接触しそうになります。

1周1kmのコースでしたが、海岸から遠い所を泳いでいると、誰がどこなのか、判別しづらくなります。特徴のある泳ぎをしていれば、わりとわかるのですが・・・。

2017-10-02e 
2kmの部、大起君3位、崚介君4位でした。
1位・2位が枚方の大輝君と元君、かなり離されてしまいましたが、よく頑張ったと思います。

その後のリレーでは枚方チームが1・2・3フィニッシュ!

初めて出場したオープンウォーターの大会でしたが、改めて泳ぐ楽しさを感じた大会でした。
普段のプールでは25mごとにターンですが、ここでは1周1km、壁もコースロープもない、真っすぐ泳いでいるつもりが波に流される・・・。
2kmや5kmを泳いだ後は、1人500mのリレーを全員がスプリントと言い切るメンタルの強化。

この経験は、出てみないとわからないです。

来年は、もっと多くの選手を出場させてみたいと思いました。

2017年10月06日 トラックバック(-) コメント(0)